借金問題解決サイト

借金整理は、単に、借金を減額させるだけではなく債務者の方の事情、生活状況などを考慮して、最善の債務整理の方法を選択しなければいけません。常に自己破産が最善の方法とは限りません。相続放棄は、被相続人の負債が多いなど相続に魅力が感じられないケースに、債務整理の方法として、有効です。
債務整理
過払い金請求
任意整理
自己破産
民事再生
特定調停
借金の時効
相続放棄
事務所概要
費用報酬
相互リンク
サイトマップ


東京都板橋区本町36-1-602
バロール本町
TEL;03−6915−5461
FAX;03−6915−5462
司法書士 杉山 浩之

東京司法書士会 
登録番号 4396号
認定番号 901010号




借金の時効Q&ANO2



借金の時効とは、期限の利益を喪失し、5年(商法522条)経過している場合、消費者金融、銀行、信販会社であれば、5年(商法522条)、個人間の貸し借りであれば10年(民法167条)経過している場合、時効を援用することによって、借金を消滅させる制度です。

暫く支払をしていなかったのですが、住民票の住所を移したら、貸金業者から督促がきたという相談を受けます。

このような場合、最後の返済日から、5年経過し、一括請求を受けてたのであれば、債務整理、借金整理の方法として、借金の時効援用が考えられます。

そこで、借金の時効Q&Aを作成し、借金の時効について、わかりやすく解説します。


Q2.時効援用した場合、信用情報は、どうなりますか?


A2.時効援用した場合の信用情報機関JICCでは、直ちに、抹消されます。

   従来は、完済債権欄に、5年間登録され、そのうち、1年間は、延滞解消と異動情報欄に
   記載されていましたが、平成23年10月より、時効の起算日に完済されたとして、完済してから
   当然、5年、経過しているとして、直ちに、抹消されることになりました。

   信用情報機関CICでは、直ちに、抹消されるケースと、完了、さらには、異動と完了が
   登録されるケースがあるようです。

   異動完了は、5年間登録され、交流情報により、信用情報機関KSC(銀行系)にも、登録されます。

   直ちに、抹消されるのか、それとも、異動完了として5年間登録されるかは、信用情報がどのように登録
   されているかによって、異なるとのことですので、各自、信用情報を取得して、ご確認ください。





債務整理について、不明な点がございましたら、お電話ください。

東京都板橋区本町36-1-602 バロール本町
TEL;03−6915−5461 FAX;03−6915−5462
所属司法書士 司法書士 杉山 浩之
東京司法書士会 
登録番号4396号 認定番号901010号



ページトップ