借金問題解決サイト

借金整理は、単に、借金を減額させるだけではなく債務者の方の事情、生活状況などを考慮して、最善の債務整理の方法を選択しなければいけません。常に自己破産が最善の方法とは限りません。相続放棄は、被相続人の負債が多いなど相続に魅力が感じられないケースに、債務整理の方法として、有効です。
債務整理
過払い金請求
任意整理
自己破産
民事再生
特定調停
借金の時効
相続放棄
事務所概要
費用報酬
相互リンク
サイトマップ


東京都板橋区本町36-1-602
バロール本町
TEL;03−6915−5461
FAX;03−6915−5462
司法書士 杉山 浩之

東京司法書士会 
登録番号 4396号
認定番号 901010号




自己破産Q&ANO3



自己破産とは、今ある借金を利息制限法の所定の利率に引きなおししても、支払いが困難な場合、裁判所に申し立てることにより、原則、査定価値20万円以上のすべての財産が清算されるかわりに、すべての借金の支払い義務を免除してもらう制度です。

税金は、非免責債権ですので、自己破産しても支払いしなければいけません。

自己破産については、他の債務整理、借金整理の手続きに比べて、悪いイメージをもたれている方がいらっしゃるかと思います。

査定価値が20万円以下のもの、中古自動車、生命保険等は処分されることはありません。

しかし、自己破産は難しい手続きで、不明な点があるかと思います。

そこで、自己破産についてよくある質問についてQ&Aを作成しました。

Q2.浪費、ギャンブルがあると免責されないのですか?



A2.免責不許可事由には、次のようなものがあります。

   債権者を害する目的で、破産財団に属し、または属すべき財産の隠匿、破壊、債権者に
   不利益な処分その他破産財団の価値を不当に減少させる行為。

   破産手続の開始を遅延させる目的で、著しく不利益な条件で債務を負担し、または、
   信用取引により商品を買い入れてこれを著しく不利益な条件で処分したこと。

   特定の債権者に対する債務について、債権者に特別の利益を与える目的または他の債権者を
  
   そして、ギャンブルも免責不許可事由とされています。
   
   しかし、ある程度のギャンブルは誰にもあることです。
   
   そこで、収入に見合わないる浪費、ギャンブルが免責不許可事由になるのであって、一度でも浪費、
   パチンコ等のギャンブルをしたからと言って、直ちに、免責不許可事由に該当するものではありません。

   また、免責不許可事由に該当すると思われるような場合でも,裁判所の裁量により免責が
   許可されることがあります(裁量免責)。

   そのような場合には、反省文を書かせたりすることがあります。
  
   つまり、浪費、ギャンブル等があっても、あきらめずに、相談しましょう。

債務整理について、不明な点がございましたら、お電話ください。

東京都板橋区本町36-1-602 バロール本町
TEL;03−6915−5461 FAX;03−6915−5462
所属司法書士 司法書士 杉山 浩之
東京司法書士会 
登録番号4396号 認定番号901010号


ページトップ