借金問題解決サイト

借金整理は、単に、借金を減額させるだけではなく債務者の方の事情、生活状況などを考慮して、最善の債務整理の方法を選択しなければいけません。常に自己破産が最善の方法とは限りません。相続放棄は、被相続人の負債が多いなど相続に魅力が感じられないケースに、債務整理の方法として、有効です。
債務整理
過払い金請求
任意整理
自己破産
民事再生
特定調停
借金の時効
相続放棄
事務所概要
費用報酬
相互リンク
サイトマップ


東京都板橋区本町36-1-602
バロール本町
TEL;03−6915−5461
FAX;03−6915−5462
司法書士 杉山 浩之

東京司法書士会 
登録番号 4396号
認定番号 901010号




任意整理Q&ANO1



債務整理、借金整理の手続きの中で任意整理とは、裁判所を通さずに弁護士、認定司法書士、もしくは個人で、消費者金融、信販会社等と直接交渉し、原則、これからの将来利息をカットした上で月々の返済金額を下げた和解契約を締結し、分割返済することを言います。。

しかし、任意整理には、自己破産とは異なったメリット、デメリットがあります。

そこで、任意整理についてよくある質問についてQ&Aを作成しました。

Q1.不動産担保ローンについても任意整理できますか?


A1.一般的な消費者金融のキャシングであれば、@利息の引きなおしによる残金の減額、
   さらに原則として、A将来利息のカットの交渉が可能です。

   しかし、@不動産担保ローンの利息は、キャッシングに比べ低いことが多く、利息の引きなおしをしても
   借金の残金がさほど減額されず、A将来利息のカットの交渉につきましても、根抵当権あるいは
   抵当権が設定されていることもあり難しく、利息を大きく下げる交渉は困難な状況です。

   将来利息についても、10%ほど請求されることがあります。

   ただし、不動産担保ローンに変更される前から、キュッシングを組まれている方は、
   その当初の契約から利息の引きなおしが可能ですので、残金が減額されることも考えられます。

   不動産担保ローンが住宅に設定されている場合には、民事再生の方法を選択することができません。
   
  




債務整理について、不明な点がございましたら、お電話ください。

東京都板橋区本町36-1-602 バロール本町
TEL;03−6915−5461 FAX;03−6915−5462
所属司法書士 司法書士 杉山 浩之
東京司法書士会 
登録番号4396号 認定番号901010号


ページトップ