借金問題解決サイト

借金整理は、単に、借金を減額させるだけではなく債務者の方の事情、生活状況などを考慮して、最善の債務整理の方法を選択しなければいけません。常に自己破産が最善の方法とは限りません。相続放棄は、被相続人の負債が多いなど相続に魅力が感じられないケースに、債務整理の方法として、有効です。
債務整理
過払い金請求
任意整理
自己破産
民事再生
特定調停
借金の時効
相続放棄
事務所概要
費用報酬
相互リンク
サイトマップ


東京都板橋区本町36-1-602
バロール本町
TEL;03−6915−5461
FAX;03−6915−5462
司法書士 杉山 浩之

東京司法書士会 
登録番号 4396号
認定番号 901010号




民事再生Q&ANO1



民事再生とは、住宅ローン以外の借金を最大で5分の1(最低弁済額100万円)まで減額します。

減額された借金を原則3年、最大で5年かけて分割払いで返済する計画を立て、返済すれば住宅ローン以外の借金が全額免除される制度です。

住宅ローンは、従来通りお支払いいただき、住宅ローン以外の借金を減額させることになります。

しかし、自己破産以上に民事再生は、債務整理の手続きの中でも、難しい手続きです。

そこで、民事再生Q&Aを作成し、民事再生について、わかりやすく解説します。


Q1.会社からの借金があります。勤務先に知られずに民事再生をすすめることができるのでしょうか?


A1.民事再生は、すべての債務を対象に申立しなければいけません。

   したがって、会社からの借金があれば、その債務を含めて、民事再生の申立をすることになります。

   そこで、民事再生の手続きをすすめていることが勤務先に知られることになります。

   このような場合、債務整理の方法としては、どの債務について整理をするか選択することができる
   任意整理の方法を選択することになります。

   しかし、任意整理では、支払い金額がさほど減額されないことも考えられます。





債務整理について、不明な点がございましたら、お電話ください。

東京都板橋区本町36-1-602 バロール本町
TEL;03−6915−5461 FAX;03−6915−5462
所属司法書士 司法書士 杉山 浩之
東京司法書士会 
登録番号4396号 認定番号901010号



ページトップ