借金問題解決サイト

借金整理は、単に、借金を減額させるだけではなく債務者の方の事情、生活状況などを考慮して、最善の債務整理の方法を選択しなければいけません。常に自己破産が最善の方法とは限りません。相続放棄は、被相続人の負債が多いなど相続に魅力が感じられないケースに、債務整理の方法として、有効です。
債務整理
過払い金請求
任意整理
自己破産
民事再生
特定調停
借金の時効
相続放棄
事務所概要
費用報酬
相互リンク
サイトマップ


東京都板橋区本町36-1-602
バロール本町
TEL;03−6915−5461
FAX;03−6915−5462
司法書士 杉山 浩之

東京司法書士会 
登録番号 4396号
認定番号 901010号




相続放棄って?



相続放棄とは、相続人が亡くなられた被相続人の遺産、債務の相続を放棄することをいいます。

被相続人の負債が多いなど相続に魅力が感じられないケースに、債務整理の方法として、有効です。

ただし、被相続人に過払い金等の資産がある場合、債務を引き継がないかわりに、資産も承継できなくなります。

過払い金も重要な資産、財産です。

相続放棄をした場合、仮に過払い金が発生していたとしても、請求できなくなります。

相続放棄は、慎重に判断してから申立しましょう。

相続放棄は、相続が開始されたことを知ってから、3か月以内に家庭裁判所に申立しなければいけません。

しかし、3ケ月以内に資産、債務を判明することが難しいなど、特別な事情があれば、期間の伸長を申し出することも可能です。

また、相続が開始されたことを知った時とは、単に、被相続人の死亡の事実を知っただけではなく、資産、債務を認識した時とする判例もあります。

相続放棄は、慎重に判断してから、家庭裁判所に申立しましょう。

相続放棄について、よくある質問をまとめてみました。

Q1.相続放棄は、いつまでにしなければいけませんか?

Q2.相続放棄をしたのですが、被相続人に衣服、日用品、壊れた中古自動車を処分した場合に、どのような影響がありますか?

Q3.相続放棄を考えていますが、相続人の中に未成年者がいますが、どのように相続放棄をすればよろしいのでしょうか?

Q4.亡くなった父親の遺産から葬儀費用を支出した場合、相続放棄をすることができなくなるのでしょうか?




債務整理について、不明な点がございましたら、お電話ください。

東京都板橋区本町36-1-602 バロール本町
TEL;03−6915−5461 FAX;03−6915−5462
所属司法書士 司法書士 杉山 浩之
東京司法書士会 
登録番号4396号 認定番号901010号




ページトップ