借金問題解決サイト

借金整理は、単に、借金を減額させるだけではなく債務者の方の事情、生活状況などを考慮して、最善の債務整理の方法を選択しなければいけません。常に自己破産が最善の方法とは限りません。相続放棄は、被相続人の負債が多いなど相続に魅力が感じられないケースに、債務整理の方法として、有効です。
債務整理
過払い金請求
任意整理
自己破産
民事再生
特定調停
借金の時効
相続放棄
事務所概要
費用報酬
相互リンク
サイトマップ


東京都板橋区本町36-1-602
バロール本町
TEL;03−6915−5461
FAX;03−6915−5462
司法書士 杉山 浩之

東京司法書士会 
登録番号 4396号
認定番号 901010号




債務整理って?


債務整理とは、借金を整理し借金問題を解決する手続きを言います。

例えば、このような借金問題に悩まれている方は、いらっしゃいませんか?
今月、ショッピング一括の支払いを含め支払いができない。
長い間、返済をしてきたが、元金が一向に減らない。
住宅ローンを支払いしながら、債務整理をしたい。
数社から借入があり多重債務の状態で借金が膨大に膨れ上がり、もう返済できない。
長い間、支払いをしていなかったが、最近、住民票の住所を移したところ、知らない貸金業者から督促が来た。
などなどの問題があるかと思います。。

このような、借金問題を解決する手続きが債務整理です。

債務整理、借金整理の手続きには、任意整理、過払い金請求、民事再生、自己破産、特定調停、時効援用があります。

簡単に各債務整理、借金整理の手続きについて説明しますと、

任意整理とは、利息制限法に利息を引き直し、借金の元金を減らした上で、原則、これからの利息をカットし分割返済をする手続きです。

過払い金請求とは、上記任意整理の手続きで、過払い金が発生している場合もありますが、借金を完済してから10年以内であれば、払いすぎた利息を貸金業者から取り戻す手続きです。

民事再生とは、住宅や自動車など資産を維持しながら、住宅ローン以外の借金を最大5分の1(最低100万円)まで減額し、分割返済する手続きです。
※あくまでも、最大ということで、5分の1まで減額されないこともあります。

自己破産とは、査定価値20万円以上の資産を清算される代わりに、すべての借金の支払いが免除される手続きです。

借金の時効援用とは、消費者金融、信販会社等債権者からの借金であれば、最後の返済から5年経過している場合、時効を援用することで、支払いを免れる手続きです。

特定調停とは、簡易裁判所の調停委員が貸金業者と交渉を行う任意整理に似た債務整理の手続きです。

各債務整理、借金整理の手続きでは、メリット、デメリットがあります。

また、各手続きが、自己破産の資格制限など債務者の方の生活に及ぼす影響も様々です。

最善の債務整理を選択するためには、各債務整理のメリット、デメリット、個々の事情を考慮しなければいかません。

また、債務整理は、個人でもできますが、個人でした場合には、弁護士、認定司法書士等専門家に任せた場合と比べ、デメリットもあります。

しかし、弁護士、司法書士等専門家に任せるにしても、ご自身の債務整理の手続きについてある程度の情報を知っておくことは債務整理、借金整理がの成功する上で必要だと思います。

そこで、債務整理、借金整理の手続きについて、わかりやすくまとめてみました。

相続放棄について不明な点がありましたら、相続放棄の基礎知識サイトへ


債務整理について、不明な点がございましたら、お電話ください。

東京都板橋区本町36-1-602 バロール本町
TEL;03−6915−5461 FAX;03−6915−5462
所属司法書士 司法書士 杉山 浩之
東京司法書士会 
登録番号4396号 認定番号901010号



ページトップ